固定電話機で安心を手に入れる|電話回線に関する知識

電話を使う為に必要な権利

女性

自宅や会社のオフィスに新しく電話回線を引きたい場合、それと同時に「電話加入権」を購入する必要があります。この言葉はあまり聞き慣れない人が多いでしょう。電話回線業者が地域の電話インフラを整えるために必要です。その整備に必要な資金を電話加入権の費用からまかなっているのです。多くの人は既に自宅に電話回線が引かれているため、この電話加入権を有しているといえます。既に持っている権利のため新しく購入する人が少なく、この権利自体の存在を知る機会があまりないのです。電話加入権は72000円で回線業者から購入することができますが、個人で譲渡や売買をすることも可能です。最近では解約などをして使わなくなった電話加入権を売却する業者も出てきました。新しく電話回線を引きたい場合は、このような業者を利用することで通常よりも安い価格で電話加入権を入手することができるでしょう。
また、2002年の2月からはこの電話加入権の費用を支払わなくてもいい代わりに、月々の電話料金を数百円高く設定した「ライトプラン」が導入されるようになりました。いちいち権利を購入する必要がないので、最近ではこのプランを選択する人も多いです。新規で電話回線を引く時は親戚や友人に使っていない電話加入権がないか訊いてみるのも良いでしょう。もし持っている場合は業者などを介して、譲渡や売買してもらうと安い費用で電話を利用することができます。あまり耳にしない電話加入権ですが、覚えておくとこれからの生活と役に立つことがあるでしょう。